沿革[40年のノウハウと実績]沿革[40年のノウハウと実績]

1969年10月 緑川善典が自宅にて創業。熱硬化性樹脂を圧縮成形機にて成形開始。
1970年12月 圧縮成形機7台になる。製品は主に化粧品CAPの成形。
1971年4月 初めて熱可塑性樹脂に対応。射出成形機75t新設導入稼働。
1972年12月 業務拡張の為、新工場建設移転(現在地へ)。
1973年6月 射出成形機200t導入。化粧品CAPの大量生産開始。
1974年7月 (有)ミドリ樹脂とし、資本金300万円とする。
海外向け製品の組立作業開始。
1975年11月 受電設備新設(キュービクル)。
1978年9月 第1工場を更に拡張し、射出成形機増設。
調理家電製品成形開始。
1979年5月 制御盤製品ビスインサート型成形開始。
1981年8月 コネクター部品の成形開始。
1982年4月 製品、原料倉庫完成。食物繊維入れ瓶用CAP及び中栓成形。
1983年7月 アキュームレーター付き成形機導入稼働。
アミューズメント製品受注。
1984年12月 24時間夜勤体制確立。
ストックマン、自動製品詰込機増設。
1985年8月 弱電OEMメーカー様と新規取引開始。
1986年11月 第2工場完成(中型機専用工場)。
外注先工場の新規立上協力。
1987年10月 射出成形機180tと220t導入稼働。
大型箱物製品量産開始。
1989年10月 OAプリンター製品、特に歯車、ローラ(いわゆる丸物)関係技術取得。
1990年10月 金型メンテナンス工場完成。
1990年11月 株式会社ミドリ樹脂に組織変更し、資本金1,000万円となる。
1991年2月 瓶容器フタ等の衛生部品製造開始。
1993年6月 ボビン、プリンター関係技術取得。
1994年2月 三次元測定器導入<ミツトヨ>。
時計用ネジ付き部品開始。
1995年10月 第1工場新設移転(精密小型機専用工場)。
食品玩具(おもちゃ)成形・包装開始。
1995年11月 プラスチックコンテナー(通称;パタコン)を大量採用、製品の取り扱いがクリーンに。
1996年3月 衛生製品受注に伴い、第1工場奥に準クリーンルーム新設、専用機導入稼働。
1997年8月 ギヤの生産委託増加に伴い、噛み合い試験機導入<大阪精密>。
1999年10月 休憩室増新設。ガラス食品容器向け製品の移管製造開始。
2000年7月 2次元CAD、3次元CAD導入。販促製品製造開始。
若手社員5名同時入社。
2001年3月 オイルレスコンプレッサー導入。材料リサイクルシステム確立。
滑り止めTPO製品量産開始。
2001年6月 コンピュータ室新設。IT化加速。ゴミゼロ&リサイクルステーション完成。
2002年2月 インターネット・ホームページ開設。健康食品容器量産産開始。
2003年3月 SONYグリーンパートナー認証取得。
ホームページより初の量産受注、自動搬送機器用歯車。
2003年9月 第1工場(153坪)と 第2工場(190坪)を改造し、準クリーンルーム化。
2004年4月 第3工場(新設クリーンルーム)(124坪)新設。電磁クラッチ部品樹脂化カ成功。
2005年6月 自働ストッカー(パレットチェンジャー)5台導入。省力化・省人化を加速。
2006年3月 自働ストッカー(パレットチェンジャー)4台導入。ゲートカットユニット増設。
2007年5月 代表取締役に緑川典秀が就任 。
千曲プラネット参加設立。
2008年10月 移動式の自動ストッカー(パレットチェンジャー)2台導入。
食品容器クリーンルーム成形開始。
2009年6月 機械要素技術展に参加。
千曲プラネットとして営業活動展開継続。
2009年11月 ホームページリニューアル。